編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
AWS re:Invent

アマゾン、深層学習向けビデオカメラ「AWS DeepLens」を発表

Megan Wollerton (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-11-30 08:29

 Amazonの「AWS DeepLens」は、中庸なホームセキュリティカメラに見えるかもしれないが、そのようなものではまったくない。「AWS re:Invent 2017」カンファレンスで米国時間11月29日に発表された249ドル(約2万8000円)のビデオカメラであるDeepLensは、デバイス上で直接ディープラーニング(深層学習)モデルを稼働させることができる


提供:Screenshot by Megan Wollerton/CNET (from Amazon)

 同製品は2018年4月14日にAmazon.comで発売される予定で、11月29日から予約注文を受け付けている。

 ディープラーニングは、今日のスマートホームの中心にある人工知能(AI)機能を表す包括的な用語となっている。ディープラーニングを原動力として、Amazonの「Alexa」対応スピーカはさまざまな音声を聞き分けることができ、顔認識カメラは人物を識別することができる。そしてその能力は向上する一方だ。少なくともAmazonはそう望んでいる。

 AWS DeepLensは従来の屋内セキュリティカメラとしてではなく、トレーニング用デバイスとして機能する。1080p HDの解像度、4メガピクセルのイメージセンサ、8Gバイトのメモリ、16Gバイトのストレージを備える。また、microSDポート、Micro-HDMIポート、2個のUSBポートを装備して、さまざまなプロジェクトに対応する。

 適用可能なプロジェクトとしてAmazonは、物体検出、動作認識、顔検出などを挙げている。こうしたプロジェクトのすべてを支えるのが、AWSの機械学習サービス「Amazon SageMaker」だ。

 「Amazon SageMakerは、完全に管理されたエンドツーエンドの機械学習サービスで、これによってデータサイエンティスト、開発者、機械学習の専門家は、大規模な機械学習モデルをすばやく構築、トレーニング、ホストすることができる」とAmazonはブログに記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]