固定電話のIP移行「2024年問題」は商機:データ・アプリケーション

田中好伸 (編集部) 唐澤正和 2017年12月14日 15時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1982年設立のデータ・アプリケーション(DAL)は電子データ交換(EDI)製品「ACMS」シリーズを開発、提供している。企業間EDI専用サーバ「ACMS B2B」がJCAや全銀BSC、全銀TCP/IPなどの従来型EDIから流通ビジネスメッセージ標準(Business Message Standard:BMS)などの新世代EDIに対応しており、同社の主力製品になっている。

 このEDIを取り巻く状況は大きな変化を見せようとしている。

 固定電話網のIP網への移行計画が正式なものとなり、ISDNのデジタルデータ通信など一部サービスが終了することになっている。具体的には、「INSネット ディジタル通信モード」(INSネット64/INSネット64・ライト/INSネット1500のサービス名で提供)が2024年1月に終了する。「2024年問題」とも言える大きな変化だ。

 この状況の変化にどう対応するのか。同社代表取締役社長執行役員の武田好修氏に話を聞いた。

クラウドへの移行が懸念材料

――事業概況について教えてください。

 2017年3月期は、公共関連の大型案件に支えられ、3期連続増収を達成しました。2018年3月期については、前年度のような特需がないため、減収減益を見込んでいます。ただ、その中でも利益水準は5億円をキープする計画で、現在まで順調に推移しています。

 主力製品の「ACMS B2B」が製品売り上げの約6割を占めているのが現状です。2016年6月にリリースしたエンタープライズデータ連携基盤の「ACMS Apex」は発売から1年が経ったところですが、順調な滑り出しを見せています。2017年度は、新たな市場への価値訴求を強化して、ACMS Apexの普及拡大を図っていきます。

――固定電話網からIP網に移行するスケジュールが発表されました。IP網への移行は、DALにとってはビジネスチャンスになるとお考えですか?

データ・アプリケーション 代表取締役社長 執行役員 武田好修氏
データ・アプリケーション 代表取締役社長 執行役員 武田好修氏

 短期的にはビジネスチャンスだと感じています。固定電話網を利用したJCA、全銀BSC、全銀TCP/IPといった従来型のEDI環境が使えなくなり、インターネットEDIへの移行が必須になるため、既存製品からの切り替えニーズが期待できます。

 しかし、その一方で、オンプレミス環境からクラウドへの移行が進んでいる現状もあります。従来型のEDI環境はオンプレミスで自社運用する企業がほとんどでしたが、インターネットEDIはセキュリティ面の不安が大きく、自社運用ではなく、サービスプロバイダーに任せた方が安心という流れが強まりつつあります。このため、長期的に見ると、オンプレミスからクラウドへの移行は懸念材料であり、当社にとっては痛しかゆしというのが本音です。

――インターネットEDIの自社運用にはセキュリティリスクが大きいと。

 システム障害やトラブルなどで、メールやウェブのサービスが止まっても、それほど業務に影響は出ませんが、EDIの受発注が止まってしまった場合、商品を仕入れられなくなり、多大な機会損失が生じる危険性があります。

 この点で、特に流通業界では、インターネットEDIの自社運用に不安を感じています。実際に、大手流通会社がオンプレミスのEDI環境から、クラウドサービスに移行した事例も出ています。今後、流通業界だけでなく、他の業界でもクラウドへの移行が進んでいくのでないかと予測しています。

――クラウドEDIのサービスを自社で提供するというお考えはありますか?

 それはありません。現在、当社のEDI製品を使ってビジネスをしているパートナー企業に対して、競合になるようなサービスを提供することはできませんから。ただ、インターネットEDIの運用で不安に感じている部分をサービスとして提供できると思っています。

 例えば、インターネットEDIに移行する際には、新たな運用技術者を自社で用意する必要があり、この部分も大きな負担になってきます。そこで、当社としては、インターネットEDIの運用代行サービスや監視サービスなど、安心して自社運用できる周辺サービスを提供することでオンプレミスEDIのお客さまを維持していきたいと考えています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]