編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ノルウェーのサーモン養殖業者、SaaS型ERPを導入--プロセスの標準化に取り組む

NO BUDGET

2017-12-27 11:36

 ノルウェーに本社を置くサーモン養殖会社のMarine Harvestは、食品飲料業界向けのSaaS型統合基幹業務システム(ERP)を導入した。デジタル化戦略の共通基盤として位置付け、プロセスの標準化に取り組む。

 導入したのはSaaS型ERP「Infor CloudSuite Food&Beverage」。プロセス製造業向けERPパッケージ「Infor M3」をベースとしている。Marine Harvestは、これまでにもいくつかの事業部でInfor M3を利用してきたが、クラウドサービスを使って世界展開することで複雑性を解消し、単一のプラットフォームで将来にわたって組織の成長を支えるべく、Infor CloudSuite Food&Beverageの採用を決定した。

 まずはスコットランドでパイロット移行を行い、次いで米国、カナダ、アジア、欧州の国々で2018年末までに本稼働させる予定。Marine Harvestでは、プロセスの標準化と改善により、トランザクション数の低減と世界レベルでのトレーサビリティの強化がなされることを期待している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]