編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドコモ、5Gの協業プログラムを開始--453組織が参加へ

ZDNet Japan Staff

2018-01-09 19:43

 NTTドコモは1月9日、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を2月21日に開始すると発表した。4月から第5世代移動通信方式(5G)の技術検証環境を無償提供する。

 同社は5Gの商用サービスを2020年に開始する計画。新たな協業体制は、5Gの技術や仕様に関する情報、パートナー間の意見交換を行うワークショップなどの場の提供を目的にしている。

 技術検証環境では、実験基地局の装置や実験移動局に接続する映像伝送機器、無線LAN機器などをプログラム参加パートナーが無償利用でき、「高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続といった5Gの特徴を生かして、自社のサービスの品質向上や新たなサービスの創出に活用できる」(同社)という。

 1月9日現在でプログラムには、ITサービスや製造、建設、教育機関、メディア、自治体を中心に、453の企業や団体が参加を表明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]