ノキアとAWSが提携を発表--クラウド移行や5G、IoTで協業へ

Corinne Reichert (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-23 13:08

 NokiaがAmazon Web Services(AWS)との提携を発表した。企業向けのクラウド移行およびソフトウェア定義WAN(SD-WAN)サービスの改善、さらに5Gおよびモノのインターネット(Internet of Things:IoT)のユースケース開発での協力が狙いだ。

 この提携には、4つの分野での協業が含まれる。具体的には、NokiaとAWSはリファレンスアーキテクチャを含む、新しい5Gおよび「Edge Cloud」戦略と指針を策定する。また、「AWS Greengrass」「Amazon Machine Learning」、Nokiaの「Multi-access Edge Computing」(MEC)および「Nokia IMPACT IoT」プラットフォームを使って、IoTのユースケースを商品化する。さらに、NokiaはサービスプロバイダーのAWS実装に関して、インフラストラクチャとアプリケーションのコンサルティング、設計、統合、移行、運用サービスを提供する。そして、NokiaのNuage Networks SD-WANサービスとAWSの統合に取り組み、一元的なハイブリッド環境を計画している。

 両社が提携したのは、ネットワーキングとITインフラストラクチャに「統合の強化」が求められているからだ、とNokiaの最高戦略責任者(CSO)のKathrin Buvac氏は述べた。

 「当社とAWSの提携は、サービスプロバイダーアプリケーションのクラウドへの移行を加速させ、われわれが次世代の接続サービスやクラウドサービスを提供して、新たな機会を共に作り出すことを可能にするだろう」(Buvac氏)

 Nokiaによると、通信サービスプロバイダーや企業は「遅延の最適化など、クラウドベースアプリケーションの接続ニーズに対処するソリューション、ネットワーク仮想化やルーティングサービス、IoT向けソリューションを必要としている」という。

 「大企業は、クラウドインフラストラクチャにアクセスするのに、完全管理型の接続サービスを必要としている。また、生産性を高め、デジタル化を容易にするのに、完全に統合されたIoTおよびアナリティクスソリューションを必要としている」(Nokia)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]