編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

既存の入退場ゲートやドアに設置可能--NEC、顔認証専用端末を発売

NO BUDGET

2018-02-09 07:10

 NECは2月7日、入退場用のゲートやドアに設置する顔認証端末「NeoFace Access Control」を販売開始すると発表した。希望小売価格は税別で120万円。既存の設備を置き換えずに顔認証を使って解錠する仕組みを導入できる。

NeoFace Access Control
NeoFace Access Control(出典:NEC)

 顔認証用の解析ソフト、カメラ、情報処理基盤などを専用端末に組み込んだパッケージ製品。APIを利用してさまざまな入退管理システムやゲート装置との連携可能だ。また、1台で約5000人分のデータを登録でき、本体内にデータベースを保持するため、別途サーバを用意する必要がない。

 5000人以上のデータ登録が必要な場合は、データベース管理サーバを活用することで約1万人分のデータ登録や管理が可能になる。複数台での運用にも対応する。

 防塵防滴などの耐環境性を持ち、半屋外への導入も可能。外気温45度での運用にも耐えられるとしている。また、本体に付属するカードリーダを使い、顔とICカードを組み合わせた二要素認証の仕組みも導入できる。

利用イメージ
利用イメージ(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]