編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソリトン、無線LANに認証機能を付加するクラウド版「NetAttest EPS」を提供

NO BUDGET

2018-04-18 17:55

 ソリトンシステムズは4月18日、認証アプライアンス製品「NetAttest EPS」をベースとしたクラウドサービスを中小企業(数十〜300人規模)向けに提供開始すると発表した。

 新サービス「NetAttest EPS Cloud」は、簡単な設定だけで電子証明書を使ったEAP-TLS方式の端末認証を可能にするもの。会社が許可していない端末の無線LAN接続を防止する。ユーザーではなく端末を識別することで、ID/パスワードなどのユーザー認証では防ぐことのできない私物端末なども防げるとしている。


サービス概要図(出典:ソリトンシステムズ)

 デジタル証明書を使った認証を行う際には、許可した端末に証明書を読み込む必要があるが、申請ワークフローと証明書の配布機能によって手間なく安全に展開することができる。さらに社内LANにバックアップ機を置いてシステムを冗長化することで、EPS Cloudと通信ができない際にも認証処理を継続できる。

 利用価格は、初期費用が10万円、ベースサービスが月額1万円(100ライセンス)となっている。社内冗長オプションは、初期費用が5万円、月額費用が1万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]