編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本ユニシス、「SBI21」の「オープンAPIサービス」を提供

ZDNet Japan Staff

2018-04-20 14:40

 日本ユニシスは4月20日、同社の勘定系システム「SBI21」を採用する信用金庫向けに「オープンAPIサービス」を開始したことを発表した。「SBI21」が持つ機能をさまざまな業種とビジネス連携させることができる。

 日本ユニシスによると、同社は信用金庫に対してICTコスト・事務コストを削減して収益創出を実現するための新たなサービスプラットフォームを検討してきた。「オープンAPIサービス」では、勘定系APIを介して信用金庫とFinTechサービスやさまざまな業種の事業者をつなぎ合わせ、地域の生活者や企業のニーズに沿った新しい金融サービスを創出する。また、生活者の利便性向上や地域経済の活性化などの取り組みを地域金融機関とともに進めていく。

 金融機関などFinTech事業者が提供するバンキングアプリをAPI経由で信用金庫口座と直接連携する。口座保有者はインターネットバンキング契約不要で残高照会や明細照会を利用できる。振込や振替の提供も予定している。さらに、FinTech事業者が提供するスマホ決済サービスをAPI経由で信用金庫口座と直接連携し、預金口座から決済代金をリアルタイムに引き落とす口座ダイレクト決済サービスを提供する予定。


信用金庫向け「オープンAPIサービス」のイメージ(出典:日本ユニシス)

 既に、京都中央信用金庫や朝日信用金庫などの複数金庫へ提供を開始しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]