RHELにクリティカルレベルのコード実行の脆弱性、修正パッチが公開

ZDNet Japan Staff 2018年05月16日 15時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Red Hatは5月15日、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)に存在する脆弱性の情報(CVE-2018-1111)と脆弱性を修正するパッチを公開した。脆弱性の影響度は「クリティカル」とされ、迅速なパッチ適用を呼び掛けている。

 この脆弱性はGoogleのセキュリティ研究者が発見したもので、RHEL 6/7のDHCPクライアントパッケージにおけるNetworkManagerでのコマンドインジェクションの欠陥に起因する。悪意の細工がなされたDHCPサーバの使用もしくはローカルネットワークにいる攻撃者がDHCPの応答を偽装するなどの行為によって脆弱性が悪用され、NetworkManagerでroot権限による任意のコマンドが実行される可能性がある。

 これにより、ネットワークの設定情報が不正に取得されるなどの影響を受ける恐れがある。攻撃者が取得した情報を別の攻撃に利用するといった事態も予想される。

 同社は脆弱性の影響度を「クリティカル」、共通脆弱性評価システム(CVSS)バージョン 3による深刻度評価値を7.5(最大は10.0)とした。修正パッチはRHEL 6/7(z-stream)およびRHEL 7.2 Advanced Update Support、RHE 7.3/7.4のExtended Update Support、RHEL 6.4~6.6 Advanced Update Support、6.7 Extended Update Supportなどで提供されている。

 なお、静的IPを利用する環境や、動的IPを利用していてもNetworkManagerやinitrc scriptsを使用していない環境では、この脆弱性による影響を受けないとしている。

 脆弱性問題に関心がある一部のグループが、この脆弱性に「DynoRoot」という通称を与え、ロゴイラストも公開した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]