編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

アップル、WWDC 2018を日本時間6月5日午前2時の基調講演で開幕へ

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-23 10:04

 Appleの年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC) 2018」が迫る中、同社は招待状の送付を開始した。それにより、米国太平洋時間6月4日午前10時(日本時間6月5日午前2時)に基調講演が始まることが確認された。今回も開催地はカリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターだ。

提供:Apple
提供:Apple

 WWDC 2018では、基調講演に加えて複数の開発者セッションも開催される。

 基調講演と開発者セッションの間に、Appleはソフトウェアアップデート、もしかするとハードウェアの刷新も含むプラットフォーム関連の変更点をいくつか発表する見通しだ。うわさによると、WWDC 2018では、「iOS」「macOS」「tvOS」「watchOS」の最新バージョンが披露される可能性があるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]