編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

KDDIと村田製作所、コミュニケーション活性化の実証実験を開始

NO BUDGET

2018-05-24 06:00

 KDDIと村田製作所は、コミュニケーションを活性化する実証実験を5月下旬から開始すると発表した。

 この実験では、村田製作所の仮想センサプラットフォーム「NAONA」を利用する。ベルシステム24とKDDIエボルバの会議室に「NAONA」を導入し、社員とその上司が面談を行った際の発言の量、長さ、テンポなどを会話のセンシングデータから可視化する。

実証実験イメージ
実証実験イメージ

 KDDIは、実験においてデータを収集し、解析できるIoT基盤を提供し、グループ会社のARISE analyticsの協力のもと、取得したデータをもとに商用化でのサービス拡充に向けた解析を行う。さらに、外部アドバイザーから上司に対して、解析結果をもとにしたフィードバック研修を実施し、研修前後でデータを比較し、コミュニケーションの変化を検証する。

 村田製作所は「NAONA」で取得した音声データをAPIとして「KDDI IoTクラウド API Market」へ提供する。またKDDIグループのアイレットが「NAONA」の開発に参画する。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]