編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

村田製作所がIoTビジネス参入へ

田中克己

2017-10-14 07:00

 電子部品の村田製作所がIoTビジネスへの参入を着々と進めている。根底にあるのは、部品などハードビジネスの先細りにある。村田社長らはその危機感を強めて、ソフトビジネスへの転換を急ごうとしているという。

 その一環から約2年前に将来のビジネスを模索する組織として、技術・事業開発本部にIoTプロジェクト推進室を設置する。同室に10人強のエンジニアらを配置し、センサとデータのパッケージ化などに取り組んでいる。

 先駆けとなるのが、10月初旬に千葉・幕張で開催された家電IT見本市「CEATEC 2017」に参考出展した仮想センサプラットフォームNAONAである。「会議の盛り上がりなど場の雰囲気や人間同士の親密度など、これまでデジタル化できなかった情報を空間情報としてセンシングし、可視化したデータとして提供する」もので、取得したデータを組み合わせて空間情報として解釈、出力するクラウドプラットフォームだと説明する。

 例えば、飲食店の顧客が注文を待っているのか、楽しい食事、会話をしているかなど雰囲気を把握する。オフィスでは、会議の発言がポジティブなのか、ネガティブなのか、さらに誰が発言したかなどから会議の内容を可視化する。現在、IT企業などパートナー企業5社と組んで実証実験をしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]