編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

デンソーウェーブとNECソリューションイノベータ、QRコード用いた顔認証システム

NO BUDGET

2018-06-15 11:23

 デンソーウェーブとNECソリューションイノベータは6月14日、QRコードを用いた「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」を、7月から両社で販売開始すると発表した。

 同ソリューションは、セキュリティ性が高く偽造や改ざんに強いQRコードであるSQRCに顔の特徴データを格納し、顔認証による本人確認を行う。2017年11月から3カ月間、金融機関で実証実験も行っている。

 事前に顔の特徴データをQRコードに格納し、本人確認はQRコード読み込みと顔撮影による顔照合により実施する。このため、ネットワーク環境の整っていない場所でも顔認証が可能で、個人情報を端末内に保持しないためセキュリティリスクが軽減される。

BHTシリーズを活用した「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の利用イメージ
BHTシリーズを活用した「顔認証なりすまし防止ソリューション(SQRC版)」の利用イメージ

 SQRCは、一つのデータに公開と非公開の2種類のデータを格納することができ、特定スキャナだけが非公開部の読み取りが可能という特徴を持っている。このため、URLなどの一般情報を公開部分へ、顔の特徴データや社員番号などの機密情報を非公開部分に格納することで、機密情報を秘匿化できる。

 また、SQRCに対応したデンソーウェーブ製ハンディターミナル(BHTシリーズ)は、QRコードのほか、SQRCも読み取り可能で、入出庫、検品、棚卸、点検などの業務と顔認証による本人確認を1台の端末で行える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]