編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

NEC、介護施設向け対話アプリ「健康王国トーク for Pepper」に顔認証クラウドサービスを提供

ZDNet Japan Staff

2018-02-08 13:51

 NECは2月8日、エクシングの介護施設向け対話アプリ「健康王国トーク for Pepper」に、顔認証クラウドサービス「NeoFace Cloud」を提供したと発表した。

 NECによると、「NeoFace Cloud」では顔認証の人工知能(AI)エンジンをクラウド上に搭載し、顔認証機能および顔認証の管理機能を提供する。スマートフォンやロボットなどのさまざまなデバイスで顔認証機能を利用することが可能で、サーバの設置が難しい屋外や介護施設、短期間のイベントなどでの顔認証の活用を支援する。

 「健康王国トーク for Pepper」は、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」が顔認証機能を活用し、事前に登録した個人を識別することで、介護施設の利用者が色々な話を行うことができる対話アプリ。NECによると、今回はこれに「NeoFace Cloud」を提供することで、Pepperが施設の利用者やスタッフ、家族など250人までを識別し、より親密なコミュニケーションが可能となる。その結果、スタッフの業務のサポートを行うとともに利用者の満足度向上を実現するという。

 NECは、今後もさまざまな業種・用途での顔認証技術の活用を積極的に推進するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]