編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

PC向け顔認証ソフト「NeoFace Monitor」を強化--NEC

NO BUDGET

2015-08-10 17:37

 NECは8月6日、顔認証によるPCログオンや、ログオン中の利用者の常時監視を可能とするPCセキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor」を強化し、「NeoFace Monitor V2」として同日より販売を開始すると発表した。

 新たに、認証に失敗した人物の顔画像記録や、統合型PCセキュリティソフトウェア「InfoCage PCセキュリティ」との連携機能などを強化、マイナンバーをはじめとする重要情報の漏えい対策が求められる環境に対応するとしている。

 価格は、クライアント用が1万5000円、認証サーバ用とADサーバ用(Active Directoryへログオンする場合に必要)が15万円(いずれも税別)で、出荷開始時期はで8月20日(InfoCage連携機能のみ9月を予定)。


利用イメージ

 本製品のベースとなるNECの顔認証エンジンは、米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストにおいて3回連続で第1位の評価を獲得したとのこと。

 今回のバージョンでは、カメラに顔を向けるだけの簡単ログオンという利便性を維持しながら、マイナンバー制度導入に伴い、厳格な取り扱い義務が課せられる「特定個人情報」など重要情報の運用管理機能が強化されている。

 主な特徴は以下の通り。

不正利用の抑止に貢献

 ログオン時/ロック解除時/常時監視中に認証NGとなった顔画像をログとして保存でき、これにより不正利用の抑止が期待できる。

 また、認証NGのログが残っていた場合に、登録ユーザーが横を向いているなどの理由で認証NGになったのか、未登録ユーザが不正利用を試みたのか、またその時どのような人物が不正利用を試みたかを、写真を用いて目視確認できる。

セキュリティと利便性を両立

 ディスクの暗号化や周辺機器の利用制限など、幅広いセキュリティ機能を持つNECの統合型PCセキュリティソフトウェア「InfoCage PCセキュリティ」と組み合わせて利用できる。

 高度なセキュリティを実現しつつ、「InfoCage PCセキュリティ」に標準搭載しているパスワード認証を「NeoFace Monitor V2」の顔認証と連携させ、シングルサインオンを実現することで利便性を向上。

大規模運用時のメンテナンス負担を軽減

 顔画像の登録やユーザー情報の変更など、これまで管理者にのみ付与されていた作業の一部を権限委譲できるようになった。一部の管理者に集中していた作業負荷を分散することで、大規模ユーザーでの柔軟な運用を実現した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]