編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
調査

外付型ストレージ市場、2018年Q1は5.4%増の519億8200万円--IDC Japan

ZDNet Japan Staff

2018-06-28 12:46

 IDC Japanは6月28日、2018年第1四半期(1~3月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額実績を発表した。これによると、支出額は前年同期比5.4%増の519億8200万円となった。

 セグメント別内訳を見ると、メインフレーム向けが同20.2%減の56億7100万円、オープンシステム向けが同9.7%増の463億1100万円となった。IDC Japanによると、メインフレーム向けは2015年の大型更新のピーク以降、支出が低迷している。オープンシステム向けは、ハイエンドとミッドレンジがプラス成長となったことが貢献した。

 また、ハードディスクからフラッシュメモリへのメディア移行が進んだ。2018年第1四半期の支出額のうち、オールフラッシュアレイ(AFA)は同23.3%増の82億600万円、ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は同27.5%増の199億2700万円となったが、オールHDDアレイは同11.8%減の238億4900万円だった。

 この結果、同四半期の支出額に占めるAFAの比率は15.8%(前年同期13.5%)に上昇した。なお、IDC Japanでは製品の仕様上、フラッシュメモリしか搭載できない場合をAFAと定義。オールフラッシュ構成にできても、HDDが搭載可能な製品はHFAに分類している。

 一方、同四半期の売上額は494億7300万円で、ベンダー別売上額トップは富士通(シェア22.3%)だった。これに、日立製作所(同17.4%)、デル(同11.8%)、NEC(同10.8%)、ネットアップ(10.5%)が続いた。

国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第1四半期~2018年第1四半期(出典:IDC Japan)
国内外付型エンタープライズストレージシステム市場の支出額推移、2016年第1四半期~2018年第1四半期(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]