編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

市税業務をRPAを活用--愛知県一宮市が実証実験

NO BUDGET

2018-07-03 07:00

 愛知県一宮市は、市税業務にロボティクスプロセスオートメーション(RPA)を適用する実証実験を7月から始める。官民連携パートナーの1社である日立システムズが6月28日に発表した。

 「市民税異動データ作成における入力作業の効率化」を検証する。一宮市は、日立システムズをはじめとする複数の民間事業者向けに実証フィールドを提供し、短期間でさまざまな業務にRPAを適用するとしている。

 日立システムズは、これまで民間企業を中心とした100社以上にRPAを導入してきたノウハウを生かし、自治体業務へRPAを適用する際の課題や効果を検証していく。

 具体的には、市民税の異動データを作成する際の入力作業をソフトウェアロボットが代行する。この作業では、通常のシステム処理に加え、どうしてもオンライン入力が発生してしまうため、今回は、職員によるオンライン入力部分にRPAを適用して、各事務処理に要している時間の削減を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]