編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

欧州議会、「リンク税」導入など含むEU著作権指令の改正案を否決

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-07-06 10:43

 欧州議会は現地時間7月5日午前、欧州連合(EU)の著作権をめぐる規則の改正案を否決し、改正案は計画段階に差し戻されることとなった。

 この著作権指令に関する投票で、改正への反対票は318、賛成票278、棄権31票となった。

 改正案には、批評家らの理解が得られなかった2つの側面があった。インターネットコンテンツのアグリゲーションサービスなどに、リンクを共有するための料金をパブリッシャーに支払わせることを可能にする11条(「リンク税」として批判された)と、ユーザーによる他人の著作権侵害について、プラットフォームに責任を負わせる可能性のある13条だ。これにより、ミームやGIFの使用が制限される可能性があった。

 改正案は議員らによる見直しを経て、9月に再度議論される予定だ。

 欧州議会議員のJulia Reda氏(欧州海賊党)は投票後、「大成功:みんなの抵抗が実った! 欧州議会は著作権法を振り出しに戻した」と、ツイートした

 「9月10~13日、すべての欧州議会議員は#uploadfilters(アップロードフィルタ)と#linktax(リンク税)について投票する。#SaveYourInternet(みんなのインターネットを救う)を実現できるよう、圧力を維持していこう!」(Reda氏)

 今回の改正案に抗議するため、スペイン、イタリア、ポーランドでは現地時間7月4日にWikipediaが閉鎖されたが、5日には再びアクセスできるようになった。Wikipediaの創設者Jimmy Wales氏もこの改正案を批判しているひとりだ。

 Wales氏は5日、一連のツイートで、企業のロビイストだけではなく「インターネットの人々の声に耳を傾ける」よう欧州議会議員に呼びかけた

 欧州の放送局やパブリッシャーのほか、Paul McCartney氏などのアーティストが、コンテンツホルダーの活動の場を整えるものとして今回の改正案を支持している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]