編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SaaS内の通信パターンを可視化する新技術--ダークトレースが開発

NO BUDGET

2018-07-24 06:00

 Darktraceは、クラウド環境の安全性を監視するサービス「Darktrace Cloud」に、クラウドのみの環境のネットワークにおける定常状態を自己学習し続ける機能を追加したと発表した。

 これにより、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Office 365、Salesforce、Google Cloud Platformなどを含む全ての主要なSaaS環境で、内部の通信パターンを100%可視化して脅威をリアルタイムに検知できるようになった。

 この技術は人工知能(AI)を活用したもので、クラウド上のワークロードを最適化するだけでなく、ネットワークインフラ全体のあらゆる通信の動きを検知できるようにする。

 今回の機能拡充で、あらゆる規模のネットワークで、ユーザー、デバイス、コンテナの生活パターンを学習し、脆弱性や進行中のサイバー脅威をリアルタイムで特定できる。攻撃のスピードに自動的に対処し、セキュリティ運用担当者の気づきにくい部分にも対応できる。また、この機能は、主要なクラウドおよびSaaSプラットフォームにインストールできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]