人気ゲーム「Fortnite」を支える分析基盤--ペタバイト級のデータをクラウドで処理

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2018年08月10日 10時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シューティングゲーム「Fortnite」は、毎分9200万件のイベントを処理しており、そのデータ量は毎月2ペタバイト増加している。開発元のEpic Gamesは、Fortniteの新シーズンが始まるたびに、ゲームのクライアント、サーバ、サービスから大量のデータを取り込んでいる。

 世界で最も人気が高いゲームともなれば、それに匹敵する分析アーキテクチャが必要だ。

 Epic Gamesのプラットフォーム担当ディレクターであるChris Dyl氏は、同社の分析アーキテクチャや、Amazon Web Services上でのシステム構築について概説した。

 Dyl氏はニューヨークで開催された「AWS Summit」で、EpicがAWSへと全面的に移行した方法や、開発者向けに多数のアルゴリズムを内蔵する機械学習ツールの「Amazon SageMaker」などで、どのように利用法を拡張したかについて説明した。さらにDyl氏は、同社がFortniteで分析をどのように捉えているかについても取り上げた。

 Dyl氏によるFortniteのスライドを見れば、概要をつかむことができる。

画像1
画像2
画像3

 Epicは、Fortniteユーザーが1億2500万人を超え、同時に何百万人ものユーザーがプレーし、テレメトリデータを分析とKPIのトラッキング、そして製品改善に使用しているという点で、興味深い事例である。さらにEpicの「Unreal Engine」エンジンは、ゲーム開発やコンテンツからエンタープライズアプリケーションまで、実に広範な用途で利用されている。

 「当社はギリギリ限界まで能力を引き延ばしている」と、Dyl氏は語る。同氏によれば、Fortniteはこの数カ月間に100倍成長した。実際Epicは、Fortniteの急成長に伴い、サービス停止を余儀なくされたことがあり、同社はそうしたインシデントの事後分析を行って、アーキテクチャのさらなる改善に努めている。

 Fortniteは最近、巨大なロケット船を発射するというイベントをゲーム内で実施した。Epicは1億2500万人ものユーザーに同時参加を呼びかけた。Akamaiによると、Fortniteは米国時間7月12日に、同社プラットフォームで1秒当たり37テラバイトという、ゲームトラフィック史上最高となる記録を打ち立てた。

 Epicの分析アーキテクチャは、複数の動的パーツとマイクロサービスから構成されているが、Dyl氏によれば、おおよそ全てのものは「Amazon Simple Storage Service(S3)」に保存されている。S3、「Spark」、スコア、テレメトリデータ、「Tableau」「SQL」など、あらゆるものを統合した「リアルタイムのパイプライン」だという。

 「われわれは、ARPU(ユーザー1人当たりの平均売上)からゲームの分析と改善まで、あらゆる業務でデータを活用している」とDyl氏は説明した。

 Epicのアーキテクチャから、いくつかの重要な特徴が明らかになった。

  • Epicは、S3をデータレイクとして利用している。Dyl氏が講演中に、データレイクという名で言及した。またAWSの最高技術責任者(CTO)であるWerner Vogels氏も同様のことを述べた。Vogels氏はインタビューで、「S3は当初、インターネットのストレージとして利用されていたが、組織がビッグデータ分析を行うようになったことで、急成長を遂げている。もはや扱うデータセットは、ペタバイト級だ」と語っている。
  • アーキテクチャがこの上なく重要だ。Epicをはじめとするゲーム会社は、そのほかの企業のよいお手本になる。なぜか。それはゲーム会社の場合、製品リリースの初日に顧客が100万人押しかける可能性がある。そして多くの場合、成長は有機的でなく、爆発的な1回の成長かもしれない。Vogels氏によると、AWSのアーキテクチャチームは、Epicのような顧客と早い段階から協業する。「ソリューションアーキテクトを巻き込み、最初からベストプラクティスを採用して全てをテストする。そして、顧客の懸念事項についても探る」とVogels氏は述べた。また、より高度な機能の基盤となり得るアーキテクチャでなければならない。「Epicのようなゲーム会社が、最初から分析まで念頭に置いているとは限らない」(Vogels氏)
  • 「MapReduce」とビッグデータ向けのオープンソースツールが不可欠である。EpicのアーキテクチャではSparkが中核となっている。
  • マイクロサービスを活用している。Dyl氏は講演で、Epicはマイクロサービスの全体的な管理の向上に取り組んでいると述べた。ただし、Fortniteはリーダーボードや統計であれ、ユーザー体験とゲームを改善するための分析であれ、小さな機能の組み合わせから成っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]