編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ヤフー、OCP仕様のサーバ1200台でデータ分析基盤--ストレージは120ペタバイト

ZDNet Japan Staff

2016-02-03 10:41

 ヤフーは、同社米国現地法人YJ Americaが所有するデータセンターに、Open Compute Project(OCP)の仕様に基づいた大規模なビッグデータ分析基盤を構築し、2016年中に本格稼働させることを明らかにした。ハードウェア販売と構築を手がけた伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と同社米国現地法人ITOCHU Techno-Solutions Americaが2月2日に発表した。

 OCPは、米Facebookが2011年に開始した大規模データセンターに最適なハードウェアを設計、提供するためのプロジェクト。CTCは、同プロジェクトの運営団体Open Compute Project Foundationと国内で初めてソリューションプロバイダー契約を締結している。

 今回CTCは、ヤフーが2015年4月に運用を開始した米国データセンターに、OCP仕様のサーバ、ストレージ、ラック、電源装置などを用いてビッグデータの活用を目的としたインフラを構築した。1200台のサーバ、120Pバイトのストレージで構成されており、2016年中の本格稼働に向けて準備を進めている。

 OCP仕様の機器の導入にあたっては、事前にFacebookなど大規模ITインフラを運用する事業者と共同で技術検証、検証支援を実施した。CTCとヤフーは引き続き、OCP仕様の機器調達で協力していくとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]