編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows Server 2019」新プレビューリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-01 11:42

 Microsoftが「Windows Server 2019」の最新プレビュービルドのロールアウトを開始した。

 Windows Server 2019の最新のテストビルド(「Build 17723」)には、Windows Server上でコンテナ向けにKubernetesのオーケストレーションツールを容易に実装できる機能が加わった。この中には、コンテナのスケジューリングやヘルスモニタリング、ネットワーキング、サービスディスカバリなどがあり、需要に合わせてコンテナインスタンスを追加、削除できる機能も加わった。

 Build 17723ではまた、OSのアップデートなしに「System Insights」に新しい予測機能を加えられるようになっている。また、輻輳制御の「LEDBAT」のサポートも追加している。

 Microsoftは米国時間7月31日、Build 17723に関するブログで、既知の問題が多数あるとしている。テスターは導入前に確認しておくべきだろう。

 Microsoftはまた、「Windows 10 Insider Preview Redstone 5」の最新版ISOも同日テスター向けに公開している。「Windows 10 Build 17713」のISOがMicrosoftのサイトからダウンロード可能になっている。

 Microsoftは、長期サービスチャネル(LTSC)リリースと位置付ける「Windows Server 2019」、そして「Windows Server 1809」を秋(2018年10月頃)ロールアウトするとみられている。

Windows Server

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]