編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

10月公開の「Firefox 63」、シマンテック発行の証明書を完全に無効化へ--モジラが警告

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 編集部

2018-08-02 13:50

 Symantec傘下の認証局が発行したTLS証明書について、その信頼性を段階的に無効化する計画が2017年に発表された。「Firefox」と「Chrome」がその計画に沿った措置を進めているため、Symantecの証明書は今後、(発行日に関わらず)両方のブラウザから拒絶されることになる。

 Mozillaはブログで、米国時間10月23日にリリース予定の「Firefox 63」でSymantecの証明書の信頼性が(発行日に関わらず)無効化されれば、上位100万のサイトのうち3.5%に影響が及ぶと述べている。

 Chromeについては、10月16日頃にリリース予定の「Chrome 70」で同様の措置が取られる。

 セキュリティコンサルタントのLiam Oが指摘しているように、現時点で変更が実施されたら影響を受けるサイトにはPayPalも含まれている。

 もっとも、Mozillaによると、2016年6月以前に発行されたSymantecの証明書がFirefox 60で信頼性を無効化された際に影響を受けたサイトの割合は、3月初めには1%と推定されていたが、(Firefox 60が正式リリースされた)5月9日の直前には0.15%未満へと減少していたという。

 Googleも4月、「Chrome 66」をリリースした際には、2016年6月1日よりも前に発行されたSymantecの証明書を失効させている。Googleは2017年7月、Symantecの証明書は発行手続きに問題があるとして、将来的に信頼しない意向を明らかにしていた。

 SymantecのCA事業はDigiCertに売却されている。

提供:Image: Liamosaur)
提供:Liamosaur

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]