編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAPジャパン、ERPパッケージ「S/4HANA Cloud」最新版を国内提供

NO BUDGET

2018-08-07 13:20

 SAPジャパンは7月31日、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP S/4HANA Cloud」の最新版を日本市場で提供開始すると発表した。

 最新版の1808では、「財務資金管理領域における本社ERPとの連携強化」や「高度なバリアント選定(Advanced Variant Configuration)機能における多段階対応」などの拡張機能が追加された。また、「債権管理関連の状況が一元的に把握できる概要画面」などさまざまな業務領域における分析機能の強化、「機械学習を使った販売予測分析」や「自然言語処理を使った販売伝票のトラッキング」などの機能が取り入れられている。

 さらに、全業種・全業務領域をカバーするSAP S/4HANA Cloud, single tenant editionを提供する。single tenant editionでは、固有の環境と専門家がアサインされ、バージョンアップや各種設定などは適宜相談して対応することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]