編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ヤマサ醤油、SAP S/4HANAを基幹システムに採用

NO BUDGET

2018-08-09 09:50

 ヤマサ醤油は、「SAP S/4HANA」を基幹システムとして採用し、6月に導入プロジェクトを開始した。SAPジャパンが発表した。

 ヤマサ醤油は、これまで会計管理には国産のパッケージソフトウェア、販売や生産などの業務にはスクラッチ開発で構築した自前のシステムをオンプレミスで十数年間運用してきた。しかし、今後のメンテナンスの負荷や属人的なシステム運用などの改善を目指し、2017年の初めから本格的な基幹システムの検討を開始していた。

 次世代システムの検討の目的は、現場力向上のための可視化、経営の意思決定ができる情報提供の迅速化、製品別の収益性を分析することによる市場競争力の強化とした。同社は、SAP S/4HANAがこの条件を満たすパッケージERPスイートとして導入を決定したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]