編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

東横惠愛病院、データレスPCで情報漏えい対策--Windows 10への移行も実施

NO BUDGET

2018-08-23 16:55

 東横惠愛病院は、セキュリティ強化と情報漏えい対策を目的に横河レンタ・リースのデータレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」を導入。Windows 10への移行とファイルサーバのクラウド化も同時に実行した。

 同病院では、情報漏えい対策にシンクライアントを検討していたが、コスト負担の問題から導入を見送っていた。Passageであれば、コストを抑えながらクライアントPCにデータを残さない環境を容易に構築できると判断した。85ライセンス分のPassageと、65台のレンタルPCを導入した。

 また、今回のセキュリティ強化をきっかけに、同病院では、クライアントPCの調達方法を購入方式からレンタル方式へ切り替えた。同時にWindows10へ移行し、ファイルサーバなどのクラウド化、各拠点間のVPN構築を実施した。これらの施策は横河レンタ・リースがワンストップで提供している。

 Passageは、クライアントPCに専用ソフトウェアをインストールすることで、ユーザーデータをPC本体のストレージではなく、指定されたファイルサーバやクラウド上のデータストレージに保存する。端末内にデータを保存しないため、紛失や盗難といった不慮の事故に遭ったとしても、情報漏えいのリスクを抑えられるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]