編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

SAP、旧ピープルソフト顧客を狙ったサービスプログラムを拡大

Dawn Kawamoto(CNET News.com)

2005-04-05 19:08

 業務アプリケーション大手のSAPとOracleが米国市場で熾烈な覇権争いを繰り広げるなか、SAPが、旧PeopleSoftの顧客をOracleから奪取することを狙った「Safe Passage Program」の取り組みを拡大した。

 SAPは新しいSafe Passage Programの下、米国内で旧J.D. EdwardsまたはPeopleSoftのアプリケーションを利用するOracleの顧客に対し、割引価格で保守サービスを提供するという。同プログラムの対象は当初、J.D. EdwardsやPeopleSoftの製品を利用する企業のうち、SAPのソフトウェアも利用する顧客に限られていた。

 2005年1月にOracleがPeopleSoftを103億ドルで買収したことを受け、OracleとSAPのマーケットシェア争いは熾烈化している。Oracleは、PeopleSoftの買収により、世界第2位のビジネスアプリケーションベンダーになった。SAPは依然として、首位の座を守っている。

 「PeopleSoftとJ.D. Edwardsの顧客は、これまで投資してきたソフトウェアが(Oracleによって)計画的に旧式化される危機に直面している。この点が、Oracleによる買収という嵐を切り抜けなくてはならないユーザーにとって大きな懸念事項となっている」とSAP AmericaのCEO、Bill McDermottは声明のなかで述べている。

 SAPは3月に、小売業向けソフトウェアベンダーRetekの買収を巡ってOracleと激しい争奪戦を展開した。この戦いに勝ったのは、より高い買収金額を提示したOracleだった。SAPが同様のキャンペーンを旧Retekの顧客を対象に実施するか否かは、現在のところ明らかにされていない。

 この件に関して、現在のところOracleからコメントは得られていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]