携帯電話事業者T-Mobileがハッキング被害--200万人以上の顧客情報が流出か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-08-27 11:18

 T-Mobileは、同社の一部顧客の個人情報がハッカーに盗まれた可能性があることを明かした。

 T-Mobileの声明によると、同社のサイバーセキュリティチームは米国時間8月20日にハッカーによる侵入を発見してアクセスを遮断したが、一部の顧客データが「危険にさらされた可能性がある」という。同社は、データ侵害を法執行機関に通報した。

 T-Mobileの7700万人の顧客の3%(200万人以上)が影響を受けた可能性がある、と同社関係者はMotherboardに述べた。被害者はテキストメッセージ経由で通知を受け取っている。

 今回危険にさらされたデータには、顧客の名前、請求先住所の郵便番号、電話番号、電子メールアドレス、アカウント番号、アカウントの種類(前払い式または後払い式)が含まれる。クレジットカード番号、社会保障番号、パスワードへのアクセスはなかった、と同社は当初述べていた。

 T-Mobile関係者はその後、米CNETとMotherboardに対し、「暗号化されたパスワード」が危険にさらされたと説明した。

 パスワードは暗号化されていたのでハッカーが実際にパスワードを確認することはできないとT-Mobileは述べたが、Motherboardによると、T-MobileはMD5アルゴリズムを使ってパスワードを保護していたと2人のセキュリティ研究者が考えているという。このアルゴリズムについては、開発者自身が2012年に「もはや安全とは考えられない」と宣言している。

 T-MobileはMD5を使っているかどうか明言することを避けた(さらに、その後、ハッカーは暗号化されたパスワードを見たかもしれないが、それらは必ずしも彼らがアクセスしたり、使用したりできるパスワードではないと説明した)。

 Motherboardによると、T-Mobileは侵入の実行者が「国際的なグループ」のハッカーであることを示唆したという。

 T-Mobileはこのところ、顧客サービスの再構築に取り組んでおり、全米規模のカスタマーケアセンターを開設した。さらに、5Gネットワークを全米で2020年までに整備することも約束している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]