編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
VMWorld

「VMware Cloud on AWS」に多数のアップデート--最小クラスタサイズは3ホストに

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-27 13:21

 VMWareは、米国時間8月26日にラスベガスで開幕した「VMworld」カンファレンスで、「VMware Cloud on AWS」のアップデートについて発表した。まず、エントリ価格を50%値下げし、本番環境のワークロード向けにより小規模な構成を提供するという。また、「AWS Direct Connect」の技術とVMwareの機能を活用し、クラウドへの移行を加速できるようにする新機能を提供することも明らかにした。

 VMWare Cloud on AWSは、AWSのクラウド上でVMwareが提供するエンタープライズ水準のSoftware-Defined Data Center(SDDC)を利用できるようにするものだ。このサービスを利用すると、顧客はパブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの各環境をまたいでアプリケーションを実行することができる。

 両社は、顧客数に関する詳細は明らかにしていないが、サービスを提供開始して以来、「勢いがみられる」と述べている。

 VMWareのクラウド担当PRディレクターのRoger Fortier氏は、150を超えるパートナーがVMware Cloud on AWSのコンピテンシープログラムを完了したことを明らかにした。

 値下げに関しては、最小クラスタサイズを3ホストとした。さらに、2ホストの価格で3ホストクラスタを購入可能な期間限定のサービスを提供する。試用のために提供される期限付きの単一ホストSDDCサービス以外では、これまで、VMware Cloud on AWSサービスの最小クラスタサイズは4ホストだった。

VMware Cloud on AWS

 またVMwareは、「NSX」とAWS Direct Connectの統合についても発表した。これによって、顧客がより容易にハイブリッドクラウドの環境で接続性を維持し、ネットワーク性能を向上できるようになるという。AWSで稼働するVMWareのワークロードとオンプレミスで稼働するワークロードの間のプライベートで一貫した接続性を実現する。

 さらにVMwareは、稼働している各ワークロード向けに必要なCPUコア数を指定できる機能を提供する。実際の利用分に対してのみ支払うことになるため、これらのワークロードを実行するコストを削減できるようになるという。

 AWSに関しては、「Amazon Elastic Block Store」を利用した大容量のストレージオプションを提供することを発表している。ストレージインセンティブなワークロード向けにコスト効率の良いストレージの配備を実現するという。AWSのバイスプレジデントであるSandy Carter氏は、このオプションでは、顧客が追加費用を負担することなくストレージをスケールできるようにすると述べた。

 また、VMware Cloud on AWSのコアサービスに「VMware Log Intelligence」を追加すると発表した。

 同社はさらに26日、VMware Cloud on AWSをAWSのアジア太平洋(シドニー)リージョンで提供開始したと発表した。米国、欧州に続いて、アジア太平洋でも利用可能になった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]