PDF Report at ZDNET

クラウドもオンプレミスも--VMwareが持つ見通しの明るさ

PDF Report@ZDNET

2018-03-09 07:30

 基幹系システム、オンプレミスなどを含めて表現することの多いエンタープライズITの領域。企業が使うソフトウェアがクラウド化しているという話はもちろん、場合によっては10年、20年かけてつくってきたオンプレミスシステムを、今後どうしていくべきなのかが議論されることがある。

 クラウド化というAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどが最初に頭に浮かぶ傾向があるが、こうした動きを、余裕を持って眺めているかもしれないのがVMwareだ。

 VMwareは、サーバ仮想化「vSphere」やネットワーク仮想化「NSX」などを展開。企業の基幹システムの多くがvSphereをはじめとしたVMware上に載っている。ここにきて、VMwareはこうしたオンプレミスのシステムをそのままIBMやAWSのベアメタル環境に載せ替えるサービスを発表している。

 VMwareにとって、オンプレミスの基幹ソフトウェアとしての存在感はこれまで通りだが、それをクラウド化しようとするユーザーの動きにもあっさり対応できる。クラウド化されたら顧客を失う、という状況ではない。

 オンプレミスでもクラウドでも、ユーザーがどちらを選んでも構わない――VMwareはそんな立ち位置にある。

 クラウドもオンプレミスも--VMwareが持つ見通しの明るさ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]