編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SaaS型ERPで基幹システムを刷新--Excel管理からの脱却を目指す

NO BUDGET

2018-08-29 12:05

 印刷事業などを手掛けるアイワットは、オロのSaaS型統合基幹業務システム(ERPパッケージ)「ZAC Enterprise」を導入した。従来、メインフレームやExcelで行ってきた業務管理を見直すべく、基幹システムの刷新を計画した。

 アイワットは、広報や広告、販促などに関わるマーケティング、クリエイティブ、プロモーションの各種サービスを提供する企業。従来の環境では、分散管理による集計作業の煩雑化や経営数字(利益、原価)の正確性の低下、システムと業務のギャップが表面化してきた。そこで、各種業務の個別最適から、一元管理による会社全体での最適化へ転換を図った。

 ZAC Enterpriseについては、案件情報の一元管理による重複入力の削減、案件ごとに原価や損益のタイムリーな可視化が可能になると判断。精度の高い損益管理による利益体質の強化や、電子ワークフローによるペーパーレス化で、管理コストが削減できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]