リコーグループ、グローバルセキュリティを強化-200カ国約9万7000人を対象

NO BUDGET

2018-10-03 06:00

 リコーグループは、パルスセキュアの「Pulse Access Suite Enterprise Edition」を導入した。パルスセキュアが発表した。

 Pulse Access Suiteは、SSL-VPN機能やフェデレーションサーバ、EMM(Enterprise Mobility Management)などの機能を持つ統合認証ソリューション。細かいポリシーの施行と統合管理機能を備えたNetwork Access Control(NAC)を提供するための「Pulse Policy Secure」が含まれている。リコーグループでは、同製品の機能をグローバルの約9万7000人の従業員を対象に適用する。

 同グループは2017年、WannaCryによるサイバー攻撃を受け、ネットワークコントロールをさらに強化したセキュリティ対策を実施することにした。同製品を東京と大阪のデータセンターにライセンスサーバとともに展開し、新しいVPNとNACによって、地域ごとに5000の同時接続を維持できるようにした。また1万人の営業職社員と複数のゾーンにまたがる約4000人のサポートエンジニアの安全なアクセスをサポートする。

 同グループは、これまでVPN管理機能とメンテナンス機能をアウトソーシングしていたが、今回この機能を社内に戻し、ネットワークアクセスに関する予算を60%削減している。

 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]