Project Zeroの研究者、一部Linuxベンダーに苦言--セキュリティパッチ公開の遅さに

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2018年10月01日 16時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Googleのセキュリティチーム「Project Zero」のリサーチャーであり、「Meltdown」と「Spectre」というCPUの脆弱性を発見したJann Horn氏は、UbuntuとDebianの保守担当者に向けて、「カーネルに対するセキュリティ修正のマージを迅速に行ってほしい。ユーザーは数週間も脆弱な状態に置かれている」と苦言を呈した。

 Horn氏は米国時間9月26日、「Ubuntu 18.04」上に存在する、「1時間ほどの攻撃実行でルートシェルを起動できる」という「見苦しい脆弱性」についてProject Zeroのブログ上で公表した。

 このカーネルバグは、Linuxのメモリ管理におけるキャッシュの無効化に関するものであり、共通脆弱性識別番号「CVE-2018-17182」として登録されており、9月12日にLinuxカーネルの保守担当者らに報告されている。

 Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏は2週間前、すなわちHorn氏が問題を報告した翌日という驚くほど素早い対応で、アップストリームにおける自らのカーネルツリーを修正している。またその数日後、アップストリームの安定カーネルリリースである「4.18.9」と「4.14.71」「4.9.128」「4.4.157」も修正された。なお、「3.16.58」に対する修正も用意されている。

 しかしHorn氏は、アップストリームの安定カーネルリリースが頻繁にアップデートされているにもかかわらず、複数のLinuxディストリビューターは迅速な対応を怠り、ユーザーを潜在的な危険にさらし続けていると指摘している。

 同氏は、アップストリームのカーネルにパッチが適用された場合、その内容はすぐさま公のものになるため、その時点から攻撃者は攻撃手段を開発できるようになると説明している。

 その一方、個々のLinuxディストリビューションは、各ディストリビューターがアップストリームの安定カーネルから該当の修正をマージしたアップデートを作成、公開し、エンドユーザー自身がそのアップデートをインストールするまで脆弱な状態に置かれることになる。

 つまり、アップストリームでの公開からディストリビューターによるアップデート公開までの間は、公のメーリングリスト上で情報が閲覧できる状態になっているため、Linuxディストリビューターだけでなく、脆弱性を突こうとしている攻撃者に対しても機会が訪れているというわけだ。

 Horn氏は26日付けの同ブログ投稿に、「このセキュリティ上の懸念は9月18日にoss-securityメーリングリスト上で発表され、9月19日に共通脆弱性識別番号が割り当てられているため、新たなカーネルディストリビューションをユーザーの元に送り届ける必要があるということは明確になっているはずだ」と記している。

 しかし、同氏が指摘しているように、Debianの安定版と、「Ubuntu 16.04」やUbuntu 18.04ではこの問題が修正されておらず、最新版のカーネルアップデートは1カ月ほど前に実施されたままとなっている。これは、脆弱性が公になった後、その修正がエンドユーザーの元に送り届けられるまでの間に数週におよぶ空白期間があるということを意味している。

 同氏はまた、「Debianの安定版は、カーネルバージョン4.9をベースにしているものの、9月26日時点におけるカーネルの最終アップデート日付は8月21日となっている。同様にUbuntu 16.04は、最終アップデート日付が8月27日のカーネルをベースにしている。なお、『Android』はセキュリティアップデートを月に1度のペースでしかリリースしていない」と記している。

 「従って、セキュリティ上の重大な修正がアップストリームの安定カーネルで利用可能になった際、その修正が実際にユーザーの元に送り届けられるまでに数週間かかる可能性がある。その問題が公にされていない場合には特にその可能性が高まる」(Horn氏)

 一方、Fedoraプロジェクトは若干速い対応を見せており、9月22日に修正がユーザーの元に送り届けられた。

 Ubuntuの開発/保守を行っている英企業Canonicalはその後、Horn氏の発見によるものとしてこの脆弱性を発表し、修正を現地時間10月1日頃に「リリースする予定」だと述べている。

 Project Zeroは、今後もこのような脆弱性を発見していくだろう。その際、Linuxディストリビューターは、アップストリームのカーネル修正にきちんと対応しなければ名前をさらされ、恥ずかしい思いをすることになるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]