編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

スパコン「TOP500」ランキング発表--米国の「Summit」と「Sierra」が1位と2位に

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-11-13 10:26

 米エネルギー省(DOE)のスーパーコンピュータ「Summit」が最近アップグレードされ、143.5ペタFLOPSという性能に達したことで、スーパーコンピュータ世界最速ランキング「TOP500」で2位以下との差を広げた。

 TOP500の2018年11月版ランキングでは、Summitの姉妹機である「Sierra」も、アップグレードにより94.6ペタFLOPSという性能を達成し、2位の座を中国の「Sunway TaihuLight」(神威・太湖之光)から奪い取っている。

 オークリッジ国立研究所(ORNL)に設置されているSummitは人工知能(AI)の活用を念頭に置いて設計されており、高エネルギー物理学や、新素材の発見、ヘルスケアといったさまざまな分野での研究に利用されている。Summitはある種の科学アプリケーションにおいて、1秒あたり300京(京は1兆の1万倍)回以上の混合精度計算を実行できる能力を有している。

 一方Sierraは、DOEの国家核安全保障局(NNSA)とローレンスリバモア国立研究所(LLNL)が共同で実施しているスーパーコンピュータプロジェクトだ。SummitとSierraはいずれも、IBMが構築したスーパーコンピュータであり、「POWER9」プロセッサと「NVIDIA Volta GV100」GPUを搭載している。

 2年にわたってTOP500の王座に君臨していた中国は、Summitが6月時点で首位になったため、2位にランクを下げていた。今回のランキングでは、High Performance Linpack(HPL)で93.0ペタFLOPSを記録しているSunway TaihuLightは3位となった。4位は中国・広州の国立スーパーコンピュータセンターに設置されている「Tianhe-2A」(天河二号)、5位はスイス・ルガーノのスイス国立スーパーコンピューティングセンター(CSCS)に設置されている「Piz Daint」だった。

 日本からは富士通が国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)向けに構築した「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(AI Bridging Cloud Infrastructure:ABCI)」が7位にランクインしている。

TOP500の2018年11月版ランキング

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]