編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

停止していた「Windows 10 October 2018 Update」の配信が再開

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-11-14 06:30

 Microsoftは米国時間11月13日、「Windows 10 October 2018 Update」の配信を再開すると発表した。

 その名が示す通り、このアップデートは当初10月にリリースされた。しかし、アップデート後にファイルが消えたという報告が複数のユーザーから寄せられた。Microsoftはこれらの報告を極めて深刻に受け止め、同アップデートの配信を一時停止した

 現在、その問題は解決されたようで、同アップデートの配信が再開された。Microsoftは、すべてが円滑に進行するようにアップデートを慎重に見守るつもりだとしている。

 Windows 10 October 2018 Updateをインストールするには、コンピュータの設定で「更新プログラムのチェック」を選択するとよい。

 このアップデートにより、「エクスプローラー」のダークモードや、クリップボード履歴/同期といった新機能が追加される。

Windows 10
提供:JOM / Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]