編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
AWS re:Invent

「Amazon FSx for Windows File Server」発表--フルマネージド「Windows」ファイルサーバ

Asha McLean Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-11-29 13:00

 クラウドにおけるワークロードの多くは「Linux」ベースだが、Amazon Web Services(AWS)の最高経営責任者(CEO)であるAndy Jassy氏は、それでも「Windows」が重要であることは十分に認識していると述べている。AWSは米国時間11月28日、フルマネージド型のWindowsファイルサーバのサービス「Amazon FSx for Windows File Server」を発表した。

 Jassy氏は、「われわれが望んでいたのは、このWindowsファイルシステムを『Amazon Elastic File System(EFS)』の一部と動くようにすることだった。われわれとしては、別のファイルシステム上に重ねるほうがずっと簡単だっただろう」と説明した。だが、顧客はネイティブのWindowsファイルシステムを求めており、「柔軟ではなかった」という。Jassy氏は、「そのため、アプローチを変えた」と述べた。

 つまり、Windowsファイルシステムは重要ということだ。「顧客は、完全に互換性があるWindowsファイルシステムを求めている」とJassy氏は言う。

Amazon FSx for Windows
Amazon FSx for Windows

 またJassy氏は、コンピュートインテンシブなワークロード向けのフルマネージド型ファイルシステム「Amazon FSx for Lustre」を発表した。現在、利用可能になっている。

 Jassy氏は、「専用のファイルシステムが存在しないような種類のワークロードがある」と説明し、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)のワークロードなどを例に挙げた。「こういう種類のワークロード向けのファイルシステムとして利用できるものがない」(Jassy氏)

 FSx for Lustreは、数千のクライアント(EC2インスタンスやオンプレミスのサーバ)による同時アクセスで、数百万IOPSや数百GB/秒のデータ転送を実行できる。また、「Amazon Simple Storage Service(S3)」のバケットとシームレスに接続される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]