編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「G Suite」版「Googleハングアウト」が10月より終了へ--2つの新ツールに移行

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-01-23 18:19

 Googleのビデオチャットツールが、2019年中に一部のユーザーに対して終了する。

 同社のコラボレーションツール「G Suite」のユーザーに対して、「Googleハングアウト」が10月以降正式に終了し、チームコミュニケーションの次世代ツールである「Hangouts Chat」と「Hangouts Meet」に移行する。G Suiteのブログの投稿で発表された。個人の一般ユーザーは引き続き従来のGoogleハングアウトを使用できるが、それも2020年までとなる可能性があるとの報道もあった。

Google Hangouts
G Suite版Googleアシスタントは10月に終了する
提供:Screenshot by Abrar Al-Heeti

 4月16日より、従来(クラシック)のハングアウトを利用しているG Suiteドメインでは、オンラインもしくはスマートフォンのアプリを通じてHangouts Chatを利用できるようになる。ユーザーは10月より前の好きな段階で、従来のHangoutsを無効にすることもできる。管理コンソールのGoogleハングアウトの設定ページの名称は、Hangouts Meetに変更される。ブログの投稿では、4月から9月の間にHangouts ChatとHangouts Meetへの移行が推奨されている。

 Googleは2018年11月、Hangoutsの提供を2020年に終了すると報じられた。2017年には、同社はHangoutsを「進化」させており、ビデオ会議機能のHangouts Meet と、職場向けのコラボレーションプラットフォーム「Slack」の競合ツールであるメッセージングプラットフォームのHangouts Chatに焦点を絞ると述べていた。

 Googleハングアウトが2020年にすべてのユーザーに対して終了となるのか、Googleにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]