編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

国内CASBサービス市場、2022まで36%成長--シャドーIT対策として導入進む

藤代格 (編集部)

2019-01-25 07:15

 アイ・ティ・アール(ITR)は1月24日、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場の規模の推移と予測を発表した。2017年度の売上金額は6億5000万円で、前年度に比べ2.3倍に急速拡大したという。

 CASBは、ユーザー企業と複数のパブリッククラウドサービスの間で単一のコントロールポイントを設定してパブリッククラウドを利用状況を可視化したり制御したりできる。

 企業外部のクラウドストレージの認証などのアクセスを制御できるとともにデータを暗号化、シャドーITの防止や可視化、モニタリングなどが可能。パブリッククラウドの利用する際のセキュリティポリシーを全社的に適用できるソフトウェア。サービスとしても利用できる。

 企業におけるクラウドサービスの利用機会の増加に伴い、セキュアなクラウド環境構築に向けた需要が高まっているという。

 国内CASB市場はまだ立ち上げ期にあるが、参入ベンダーは増加。2020年度の市場規模は3倍強に拡大し、2017~2022年の年平均成長率(CAGR)は非常に高い35.5%を予測しているという。

2016~2022年度のCASB市場規模推移および予測(出典:ITR)
2016~2022年度のCASB市場規模推移および予測(出典:ITR)

 ITRのシニア・アナリストの藤俊満氏は、「CASBは社内ネットワークとインターネットの融合が進み、よりセキュアなクラウドサービスの利用が一般化する環境では必要不可欠なセキュリティソリューションとなる。IT部門の関与なくクラウドサービスを利用するシャドーIT対策のひとつとしても導入が進む」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]