SAS Japan、2019年度の事業戦略--産業向け展開と「Viya」推進を強化

藤本和彦 (編集部) 2019年02月06日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 SAS Institute Japanは2月5日、2019年度の事業戦略を記者会見で明らかにした。産業向けソリューションの展開とデータ分析基盤「SAS Viya」の推進を戦略の柱に掲げ、企業のデジタル変革を推進する。

 登壇した代表取締役社長の堀田徹哉氏はまず、「ソフトウェア売り上げ・サービスにおいて2桁成長を達成し、グローバルの成長をけん引した」と2018年度の業績を振り返った。SAS Japanは3年連続で増収増益となり、過去最高の売り上げを更新したという。特にSas Viyaのビジネスが大きく伸びており、700%強の成長を記録したとしている。

SAS Institute Japan 代表取締役社長の堀田徹哉氏
SAS Institute Japan 代表取締役社長の堀田徹哉氏

 2018年度は、金融業界、ライフサイエンス業界、製造・流通・サービス業界など、さまざまな産業でのデジタル化を支えてきた。

 金融業では、メガバンク・地銀・証券におけるFATF(金融活動作業部会)の対日審査に向けたアンチマネーロンダリング(AML)ソリューションの展開や、人工知能(AI)技術の規制対応業務への展開が進んだ。こうした、いわゆる「RegTech:Regulation Tech」と呼ばれる領域の他にも、AIを活用した新たな金融サービスの開発(FinTech)にも貢献してきた。

 ライフサイエンスの分野においては、臨床試験データの安全な公開を可能にする「CTDT」(SAS Clinical Trial Data Transparency)を提供し、製薬会社のグローバルスタンダードへの対応を促進。SAS Viyaを活用したイノベーションのための基盤導入も加速した。さらに、医薬情報担当者(MR)の行動履歴や医者の投薬履歴などをアナリティクスに活用した営業活動の最適化にも取り組んできた。

 製造・流通・小売の領域では、鉄道・航空など大手運輸会社における顧客サービス高度化のための大規模アナリティクス基盤の導入や、需要の高精度予測に基づくサプライチェーンの自動化・最適化、研究開発(R&D)領域へのAI・アナリティクスの適用を支援した。新製品の開発プロセスにAI技術でイノベーションをもたらす取り組みが増加し、企業のデジタル変革に貢献するとともに、SASの成長をけん引した。

2019年度の事業戦略

 2019年度は、(1)コアビジネス領域の成長、(2)カスタマーリレーションの強化、(3)将来への準備と社会への貢献――という3点を軸に事業を推進すると堀田氏は説明する。

 (1)については、産業向けソリューションの展開強化とViyaビジネスの推進を図る。金融・保険・証券業においては、AMLのさらなる展開とIFRS 17への対応、FinTech・RegTechの推進を目指す。ライフサイエンス業では、グローバルスタンダード対応の促進、営業/マーケティング活動の最適化、製造プロセス規制対応・高度化を支援していく。

 製造業においては、品質管理、製造プロセス革新、R&D領域でもアナリティクス・最適化を進める。流通・サービス業では、需要予測・サプライチェーン革新、総合総社へのアナリティクス基盤の導入、運輸データによるスマートシティの実現を推進する。

 こうしたソリューションサービスの中核製品となるのが、SAS Viyaになる。機械学習や画像・音声処理、データ管理、ビジュアライゼーションなど、「今日的なAIの技術を具備」(堀田氏)したデータ分析基盤であり、同社では「Enterprise Open Analytics Platform」(EOAP)と呼ぶ。

 SAS言語の他に、PythonやR、Javaをサポートするオープン性を備え、分析モデルの管理から実業務への展開、実行結果の評価までの一連のアナリティクスライフサイクル全体を単一基盤で対応する。モデル精度やアクションに対するガバナンスを可能とする透明性/説明機能も備えるとしている。

SAS Viyaを取り巻く分析基盤
SAS Viyaを取り巻く分析基盤

 「AIが導き出した答えを人が説明できない。これは大きな課題であり、業務に落とし込む際の障壁になっている。SAS Viyaでは、PoC(概念実証)から本番システムまでを単一基盤でサポートし、分析モデルの管理、配備、実行、評価、運用保守を一貫して提供する」(堀田氏)

 (2)のカスタマーリレーションの強化に関しては、プロダクトセールスとコンサルティングサービスの連携を強化する。パートナーアライアンスの強化、中堅中小企業向けクラウドサービスの展開、顧客企業との関係強化への投資を図る。

 (3)の将来への準備と社会への貢献では、データを活用した人道支援/社会支援の取り組みである「Data for Good」を推進するとともに、人材育成の支援も継続する。具体的には、小学生を対象にしたデータサイエンスの体験イベントや中高生向けのプログラミング教室、大学と連携したデータサイエンススキル認定制度などが挙げられる。東北大学の医療画像診断研究や、自治医科大学の循環器疾病予防研究の支援も行っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]