編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、アンケートや投票作成ツール「Forms Pro」のプレビュー版を準備か

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-02-14 12:25

 Microsoftはこれまで、「Forms」を「Office 365 Education」や商用顧客向けに提供してきた。Formsは、教師や生徒がテストやアンケート、投票を独自に作成できるサービスだ。Microsoftは新たに「Forms Pro」というFormsの新版のテストを開始しようとしているようだ。

 筆者は米国時間2月12日夜、「Forms Pro」という製品について知っているか、とRicardo Diaz氏(Twitterアカウントは@rdiazjimenez)から尋ねられた。The Walking Cat(Twitterアカウントは@h0x0d)は13日に、Forms Pro(コード名は「Shimla」とされているようだ)へのリンクを投稿した。リンクをクリックすると、新しいロゴが表示されるが、このプレビュー版に関する最新情報は掲載されていない。しかし、Tero Alhonen氏(Twitterアカウントは@teroalhonen)は「Office 365」のロードマップでForms Proに関して言及されているのを発見した。Microsoftが13日にこの情報を追加したようだ。

Microsoft
提供:Microsoft

 ロードマップでForms Proは次のように説明されている。

 「Forms Proはシンプルでありながら包括的な企業調査ソリューションだ。企業はこれを使ってフィードバックを収集して分析し、全社的なエンゲージメントを高めることができる。Forms Proを使用すると、カスタマージャーニーのあらゆる段階で、顧客からの実用的なフィードバックをリアルタイムで受け取ることができる。リアルタイムのフィードバックによって組織の健全性を向上させて、顧客の求める製品を構築し、既に使用している『Dynamics 365』『Common Data Services』(CDS)、『Power Platform』のデータとツールを活用することが可能だ。Forms Proは、ユーザーがFormsなどのOffice 365アプリに期待するようなコンプライアンス、セキュリティ、およびプライバシーの水準に従う。企業はユーザーに安全でないソリューションにアクセスさせることなく情報を収集できる。また、カスタムの調査ツールを構築して維持する必要はない」

 筆者はMicrosoftに対し、プレビュー段階が終了した後、Forms Proを有料化する計画なのかどうかを尋ねた。さらに、リリース開始後、Forms ProはOffice 365やDynamics 365のどのユーザーに提供されるのか尋ねた。現時点で回答は得られていない。

 Microsoftは2018年、すべてのOffice 365商用ユーザーがFormsを利用できるようにしたと報じられた。

 MicrosoftはOffice 365ユーザーに、Forms Pro(プレビュー版だと考えられる)の提供は2月21日から開始される予定だと共有しているとの情報もある。また、ユーザーは3月14日より「http://www.formspro.microsoft.com/」で登録できるようになるという(2月14日ではないかと筆者は考えている)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]