編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

QNAPのNAS狙うマルウェアに警戒--駆除ツールを妨害か

ZDNet Japan Staff

2019-02-15 17:37

 JPCERT コーディネーションセンターは2月15日、台湾QNAP製のNAS(Network Attached Storage)に影響を与えるというマルウェア攻撃に関する早期警戒情報を発表した。QNAPが提供する最新版の駆除ツールの利用などを推奨しているが、対策できない場合がある。

 13日付のQNAPのセキュリティ情報によれば、同社はNAS機器に影響を与えるというマルウェアの分析に着手しており、できる限り解決策を提供する予定。マルウェアや影響などに関する詳しい情報は明らかにしていないが、深刻度を「高」と評価している。

 対策としては(1)最新版の「Malware Remover」への手動更新、(2)ファームウェア「QTS」の最新版への更新、(3)NASにインストールされている全アプリの更新――が推奨されている。ただし(1)では、更新中にエラーメッセージが表示される場合があり、その際にはQNAPが解決策を提供するまで待つよう促されている。

 一部報道によれば、このマルウェアは「Malware Remover」のhostsファイルを不正に改ざんし、Malware Removerのインストールや更新を妨害する機能を持つ、“未知”のタイプと見られている。

 2018年5月には、QNAPを含む複数メーカーのルータやNASに感染するマルウェア「VPNFilter」が猛威を振るった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]