編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カルビー、店頭の棚割を画像解析--商品の陳列状況を正確に把握

ZDNet Japan Staff

2019-02-26 16:55

 カルビーは、NECの「店頭棚割画像解析サービス」を採用した。小売店舗の売場にある商品棚をスマートフォンのカメラで撮影し画像認識を行うことで、商品の陳列(棚割)状況を高い精度で解析する。シリアル製品「フルグラ」を対象に、2018年12月から近畿地区でサービス利用を開始。2019年5月の全国展開を目指して導入を進めている。

システム画面(出典:NEC)
システム画面(出典:NEC)

 店頭の商品棚のどの位置に陳列されているかは商品の売り上げに大きく影響する。一方、その情報をタイムリーに店舗から取得することは難しく、メーカー側で棚の情報を把握することが必要になる。

 カルビーではこれまで、店舗営業担当者の目視により陳列状況の調査を実施してきた。調査工数の増大とデータ化による関係者間での正確な把握が課題になっていた。

 店頭棚割画像解析サービスを活用することで、店舗営業担当者の調査業務の効率化や陳列状況の正確な把握が可能になる。より具体的な改善施策を検討したり、施策後の陳列状況をチェックしたりできる。

 実証では、形状が不安定なため高度な画像認識技術が求められる袋商品でも陳列状況を把握し、サービスの有効性を確認した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]