編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NEC、APIR・NTT西日本と共同でスマートシティの実証実験を開始

NO BUDGET

2019-02-14 06:00

 NECは、2月1日~3月24日に一般財団法人「アジア太平洋研究所(APIR)」やNTT西日本と共同でスマートシティの実証実験を行う。

 同実証でNECは、グランフロント大阪北館内に各種センサを設置し、混雑度・群衆流量の把握と異常音の検知に関する実験を行う。またNTT西日本が提供するIoTプラットフォームと連携し、安全・安心なまちづくりのための仕組みを検討する。

グランフロント大阪における実証実験の概要
グランフロント大阪における実証実験の概要

 混雑度と群衆流量の把握には、NECの「群衆マネジメントソリューション」を活用し、同施設の主要通路やエスカレータ付近など6カ所にカメラを設置し映像を分析することで、混雑状況や人流をリアルタイムに把握する。

 異常音の検知には、同社の「音状況認識技術」を活用し、同施設内1カ所に複数の音センサ(マイク)を設置し、音量・音質などを分析することで、破裂音、ガラスが割れる音、悲鳴などの異常音の検知やにぎわい度の計測をリアルタイムに実施する。

 これらの技術を活用することで、警備員配置や避難誘導の最適化や事件・事故の早期発見・解決に貢献していく。

 なお、実証実験においてカメラで撮影した映像は、来街者の人数、混雑度、移動方向の推定データ生成し、分析後に破棄する。また顔や容貌などの特徴検出(顔認証など)は行わず、音センサで収録した音情報は、音量・音質の特徴量に変換し、異常音の検知やにぎわい度の計測後、センサ内で破棄する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]