編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテル、ファームウェアのセキュリティをテストする新ツールをオープンソースに

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-02-28 12:42

 Intelは米国時間2月27日、ファームウェアのセキュリティをテストする新しいオープンソースツール「Host-based Firmware Analyzer」(HBFA)を2019年第2四半期にリリースする計画を明らかにした。

 この新プロジェクトは、UEFIベースのファームウェア用のセキュリティテストツールで、サンフランシスコで来週開催されるセキュリティカンファレンス「RSA 2019」で正式に発表される。

 Intelが提供に向けて取り組んでいるHBFAプロジェクトのほか、ファームウェアのセキュリティをテストするツールとしては、「CHIPSEC」や「Intel Intelligent Test System(ITS)」「Excite」「Simics」などがすでにある。

 Intelによると、HBFAが他のツールと異なるのは、特定のプラットフォーム向けに統合されたり搭載されたりする前に、ファームウェアのソースコードをテストするのに使うために設計された点だという。

 HBFAの役割は、ファームウェアのプログラマーが、開発の最初の段階で脆弱性を見つけるのを支援することにある。開発サイクルが進むと、脆弱性を修正するのがさらに困難になり、時間も掛かるからだ。

 Intelは27日の報道発表で次のように述べている。「統合前に問題を減らせるよう、Intelは新しいオープンソースツールのHost-based Firmware Analyzer(HBFA)を開発した」

 「この環境では、開発者のOS環境でUEFIやUEFI PIのドライバの高度なテストが可能になる。このテストスイートは、一般的なファジングフレームワークやシンボリック実行、アドレスのサニタイズ、コードカバレッジレポート、故障注入および故障追跡の手法を用いたテストに、既存のオープンソースツールを利用する」(Intel)

 さらにIntelは、「HBFAは、TianoCoreの『EDK II』をベースにしたファームウェアの構成要素向けにスタブインターフェースを導入する。また、『AFL』『Peach』『KLEE』のようなツール向けにインターフェースを拡張し、システムの統合前にファームウェアの構成要素に関するテストケースを実行する」とも述べている。

Host-based Firmware Analyzer
提供:Intel
Host-based Firmware Analyzer
提供:Intel
Host-based Firmware Analyzer
提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]