編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

AIの採用に向けた障壁はスキルのギャップと企業文化--オライリー調査

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-02-28 06:30

 大企業は機械学習(ML)と人工知能(AI)関連の導入を進めようとしている一方で、そうした分野に関するスキルの不足に直面しているという。

 O'Reillyがこのほど発表したレポート「AI Adoption in the Enterprise」(企業におけるAIの採用状況)によると、スキルを有した人材の不足によってAIの導入が思うように進んでいないという回答が18%にのぼったという。

 同レポートで浮き彫りにされている興味深い事実は以下の通りだ。

  • 向こう1年でIT予算の少なくとも5%をAIに割り当てようと計画している企業は60%以上にのぼっている。
  • 向こう1年でIT予算の少なくとも20%をAIに割り当てようと計画している企業は19%となっている。
  • 既にAIを利用している企業は81%にのぼっている。
  • 企業文化がAIの採用を阻んでいるという回答は23%となっている。
  • 顧客サービスやITにAIを使用しているとした回答は全体の3分の1であり、研究開発(R&D)プロジェクトに使用しているという回答は半分にのぼっている。
  • 構造化データを使って深層学習(DL)を利用しているという回答は86%にのぼっており、テキストのために使用しているという回答は69%、コンピュータビジョンのために使用しているという回答は53%にのぼっている。
提供:O'Reilly
提供:O'Reilly
提供:O'Reilly
提供:O'Reilly
提供:O'Reilly
提供:O'Reilly

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]