編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

Dow Jonesがまとめたリスクのある人物リストが流出の恐れ--研究者が指摘

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-03-01 13:51

 贈収賄や汚職に関与する危険性のある人、名の知れた犯罪者やテロリストなどが大勢記載されたDow Jonesのリストが、安全ではないオンラインデータベースで公開されていた可能性があるという。ウクライナの研究者が発見したとしている。

セキュリティ
提供:James Martin/CNET

 「Watchlist」は、ビジネスを行う相手としてリスクの大きい顧客を識別できるよう、金融機関などが利用するデータベースだ。研究者のBob Diachenko氏は、Watchlistのデータセットのコピーを見つけたと述べている。ブログ記事の中で、同氏が発見したデータベースには240万件以上の記録があり、公的要人とその親族、関係する企業のほか、連邦政府機関や法執行機関からの情報に基づくプロファイルメモなどが含まれているという。

 Diachenko氏はブログ記事の中で、「われわれはビッグデータの時代に生きており、いつの日か何らかのリストに載る可能性もある。そのリストがオンラインに流出したり公開されたりしていないことを願おう」と述べている。

 Dow Jonesはこのデータベースについて、今は安全だと声明で述べた。

 「このデータセットは、リスクとコンプライアンスに関するデータフィード製品の一部であり、すべて公表されている情報源から得たものだ。現時点の調査で、今回のことは認定されたサードパーティーによるAWSサーバの設定ミスに起因したことが示されている。データはもう入手できないようになっている」(Dow Jones)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]