編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

再現された世界初のブラウザ「WorldWideWeb」--ウェブ誕生から30年

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-09 08:30

 スイスに研究拠点を置く欧州原子核研究機構(CERN)のチームは、1990年に研究者向けに開発された世界初のウェブブラウザ「WorldWideWeb」を再構築した。

 開発者とデザイナーらのグループは2月上旬、ウェブのコンセプト誕生から30周年を記念し、WorldWideWebブラウザを再構築するためにCERNで集会を開いた。

 WorldWideWebは、Tim Berners-Lee氏が1990年にNeXT製コンピュータ上で構築した。その直前の1989年3月には、「Mesh」と呼ばれるグローバルなハイパーテキストシステムが同氏によって提案され、後にWorld Wide Webと呼ばれるようになった。

 このシステムは、CERNのテクノロジが絶え間なく変化する中、情報の損失に対処することを目的としていた。これは、当時のCERNで喫緊の課題となっており、Berners-Lee氏は10年以内に世界も同じ問題に直面するだろうと予測した。

 WorldWideWebのほかに、Berners-Lee氏は初期のウェブページを配信する初めてのハイパーテキストサーバソフトウェア「httpd」を開発した。

 WorldWideWebブラウザシミュレータは現在、オンラインで利用可能になっており、最新のブラウザで閲覧できる。使い方を知りたい人のために、開発者はインストラクションと動画デモを用意している。

 ブラウザでウェブページを開くには、メニューから「Document」を選び、次に「Open from full document reference」を選択。表示されたウィンドウに「http://w3c.org」といったURLを入力する。ドキュメント内では、リンクをダブルクリックするとページが移動する。

 WorldWideWebブラウザを再構築したチームは、プロジェクトに費やした5日間を文書にまとめた。主な目標は、CERNの博物館から借りた「NeXTcube」マシンで同ブラウザを動かすことだった。

 開発者らは、WorldWideWebブラウザで使用されているフォント(Helvetica、Courier、Ohlf)を複製するため、NeXT製のOS「NeXTSTEP」を利用した。

 WorldWideWebのウェブサイトの一部には、1989年以降のウェブの発展に関するインフォグラフィックがあり、ブラウザやHTML言語の変遷、道標となる主要なウェブサイト、コンピュータ、ネットワーク、フォーマットに関する一連の出来事がまとめられている。

 WorldWideWebのチームが言及する通り、Berners-Lee氏のブラウザはエディタとしても設計されている。

 「本質的に言って、WorldWideWebはワードプロセッサだが、リンクを付けられる。純粋に文書を読むためにワードプロセッサを使えると同時に、自分でものを書くときに本当の楽しさが味わえる。とりわけ、ハイパーリンクを混ぜ合わせるときには」と説明する。

 「ウェブブラウザを使ってウェブページを作成するなど、現在では考えられないことだ。結局、人々は手書きでHTMLを書くことを好むようになったが、Tim Berners-Lee氏らは全く予想していなかっただろう」

 「ウェブページやリンクを作成するには、何らかのユーザーインターフェースが必要だと考えられていた。WorldWideWebはそれを提供するものだった。あるウィンドウで文書を開き、『マーク』を付ける。それから、別のウィンドウの文書の中で、そのマークされたページへのリンクを作成できる」

WorldWideWebブラウザシミュレーター
WorldWideWebブラウザシミュレーター

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]