編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

三菱地所とソフトバンク、丸の内エリアで5Gを活用した防災訓練の実証実験

NO BUDGET

2019-03-14 12:49

 三菱地所とソフトバンクは3月12日、第5世代移動体通信システム(5G)を活用した防災訓練の実証実験を実施したと発表した。11日に大手町ビル1階で行われ、5GとAI(人工知能)技術を使って、同ビル内の避難所の状況を即座に可視化した。

 モニタリングシステムの検証では、5G通信網を局地的に構築できる可搬型5G設備「おでかけ 5G」(ソフトバンク開発)を設置。これに、フューチャースタンダードが開発したAI映像解析ソフトウェアを使って、5G通信網のMECサーバ上でデータを処理する仕組みを整備した。

実証実験の概要(出典:三菱地所、ソフトバンク)
実証実験の概要(出典:三菱地所、ソフトバンク)

 実証の結果、モニタリングシステムによって2カ所の避難所に設置したIPカメラの映像を5G通信網を通して伝送し、MECサーバ上でAI処理することで「避難所内の避難者数、救護者数、属性(性別、年代など)の判定」「避難所の混雑状況」「顔認証による救護者の識別」「要救助者の検知」などの情報をモニタ室で即座に可視化できた。

要救助者検知のイメージ(出典:三菱地所、ソフトバンク)
要救助者検知のイメージ(出典:三菱地所、ソフトバンク)

 これにより、災害発生時の避難所でのオペレーションが高度化、省力化されて、混雑具合に応じた避難所への誘導や救護者の人員配置、必要な物資の数や種類の選定など、非常時の判断や対応を円滑に進めることができるようになる。また、大規模災害などが発生して、既存の通信網が利用できない状況でも、早急に安定したローカルネットワークを構築することで、エリア防災の取り組みにも活用できるという可能性を確認できた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]