編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「仕事にやりがいを感じる都道府県」1位に山口--トップ10の半数、中国・四国

TechRepublic Japan Staff

2019-04-03 07:00

 企業クチコミサイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイ(港区)は4月2日に「仕事にやりがいを感じる都道府県ランキング」を発表した。1位は山口県となっている。

 都会から地方に戻るUターンや別の地方に住むIターンが注目されており、生活費が抑えられる、満員電車に乗らずにすむといったメリットがあると言われている。

 その一方で「仕事の選択肢があるのか」「これまでのキャリアを生かせる職場はあるのか」などの仕事に関連する不安も聞こえてくる。

 こうした背景を踏まえて“仕事のやりがい”評価を都道府県別に抽出した。

 評価が高かった企業は、若い内から責任のある仕事を任せられたり、裁量権が大きかったりする傾向にあることがクチコミからうかがえると説明する。

 トップ10のうち、半数が中国・四国地方。個人規模の紳士服店から世界的なアパレルメーカーに成長した山口のファーストリテイリング、従業員数6人からスタートして従業員数4000人以上の大手食品メーカーとなった愛媛の日本食研などが中国・四国だ。

 鳥取の「谷口・青谷和紙」や秋田の「わらび座」など、日本伝統にまつわる事業を展開する企業の評価が高かったという。

 以下はトップ10に入った都道府県に所在する企業のクチコミ。

1位=山口県(3.14)

ファーストリテイリング=「誰が正しいかではなく何が正しいかで判断、行動できる会社です。理念に則り、しっかりとした研修制度もあり、成長性が高く、みんなでひとつになって頑張っていける会社です」(カウンターセールス、20代前半男性、年収300万円、2014年度)

2位=徳島県(3.07)

日亜化学工業=「LEDという比較的新しい技術、ますます広がるマーケット、省エネ・環境などの面での社会貢献度の高さ、そういう点でとてもやりがいを感じる」(海外営業、40代前半男性、年収800万円、2015年度)

3位=秋田県(3.02)

劇団わらび座=「文化を売りにしている分だけ、お客さまからの感動の声が直にこちらに伝わって、それがこちらのやる気になるので、モチベーションを保ちやすい」(企画営業、20代後半女性、年収160万円、2012年度)

4位=東京都(3.00)

日本マイクロソフト=「最新のモバイル、クラウドなどを扱っており、毎日サービスが更新されるため、新しい情報に常に触れていられるのでそういうことが好きな人にはもってこいの環境といえるが、常に自分でアンテナを張っておく必要がある」(システムコンサルタント、40代前半男性、年収1100万円、2016年度)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]