編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Dropbox、Google Cloud Identityの統合機能を提供開始

大場みのり (編集部)

2019-04-05 12:26

 Dropbox Japanは4月5日、「Dropbox Business」の顧客向けにGoogleの企業向けモバイル管理サービス「Google Cloud Identity(GCI)」と統合するための機能の提供を開始したと発表した。

 Dropboxは2018年11月に、コンテンツやセキュリティの管理を容易にするため、Google、BetterCloud、Coronet、Proofpoint、SailPointとパートナーシップを締結した。その一環で今回のGCIの統合機能が利用可能になったとしている。同社によると、Dropbox Businessのセキュリティ機能は、既にあらゆる規模の企業のニーズに対応しているが、これら提携先から提供される管理や可視化のためのツールにより、その機能が強化されるという。

 GCIの統合機能によりDropbox Businessのユーザーは、従業員の入社、異動、退職に応じてアカウントへのアクセスを管理できるようになるほか、シングルサインオンで複数のウェブサービスやアプリケーションにログインできる。ユーザーはGoogleのログイン情報を使用してDropboxアカウントにアクセスできることに加え、Google 認証システムのアプリや同社のサインキー「Titan Security Key」といった多要素認証を利用してセキュリティの確保ができるようになるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]